男の色気研究所

動物行動学の観点から肉体やその肉体から漂うフェロモンに知性と理性と本能に基づくコミュニケーションやオシャレなどのアイテムを選択するセンスを付加させることで男の色気をどこまで磨くことができるかを研究しているサイト

【男女共通】意外と知らない自分に似合う本当のサングラスの選び方

f:id:PRBOOK:20200813010230j:plain

サングラスを流行りで選ぶのはなんだか安心だし決して評判は悪くはないかと思うが折角なら自己満足ではなく自分に本当に似合うモノを知った上で選択しモテコーデの演出の一つとして確立して欲しい。
自分にとって本当に似合うサングラスとは?について説明していくとする。

そもそもの顔の輪郭に対しての印象とは?

卵型
顔の縦と横の長さが1:1で理想の輪郭とされており優しいイメージを持っているように捉えられる。

丸型
顔の縦と横の長さが2:3で可愛らしく若くみられます。優しく温厚で協調性があるイメージで親しみやすい印象に捉えられる。

面長型
顔の縦と横の長さが3:2で細っそりとしてシャープなフェイスラインが特徴的。

行動力があり感情にバラつきがなく保守的で慎重な印象に捉えられる。

逆三角型
顔の縦と横の長さが3:2でシャープなフェイスラインが特徴的。

知性に満ち溢れており計画的ではあるがクールもしくは冷たい印象に捉えられる。

四角型
顔の縦と横の長さが1:2でバイタリティと決断力があるように見られるが一方で頑固なイメージに捉えられる。


顔の輪郭に対してのサングラスの選び方

f:id:PRBOOK:20200813122751j:plain

顔の輪郭と真逆の形を選ぼう
意外だと思うかもしれないがサングラスは自分の顔の輪郭と正反対の形状を選択するのがマストだ。例えば丸顔であれば三角や四角といったように。そしてこの選択こそが素顔とのギャップを作り、いつもと違った自分を表現できるいわばモテコーデを演出する鍵となるのである。もし顔の輪郭と同じ形のフレームを選んでしまうと自分でコンプレックスと思う部分がより強調されてしまうので何としてでも避けたい。

フレームの横幅を顔幅に合わせよう
フレームの横幅が顔幅に近ければ近いほど不自然さがなくなりこなれ感がだせる。それとは逆にフレームが顔幅より広ければ広いほど目が寄っているように見える。

できるだけ眉の形状に沿ったフレームを選ぼう
自分の眉のラインとフレームのラインを合わせることで、サングラスが顔に馴染みやすくなる。

サングラスの形状の種類

ここでは代表的なサングラスの形状を紹介しながらどんな顔の輪郭に合わせれば良いのか参考にして頂ければと思う。

スクエア

形状の特徴

角ばった長方形が特徴。スクエアは角ばっている為シャープな印象を与える。

似合う顔の輪郭

丸顔や三角顔の輪郭にオススメ。

顔の横幅が大きく見えてしまう為スクエアのサングラスをかけることでシャープな印象を与えることができる。

又、年齢や性別に関係なく使用できるのがポイント

ウェリントン

形状の特徴

逆台形型のフレームが特徴。

オーソドックスな形状の為時代や流行り廃りに左右されない。

似合う顔の輪郭

どんな顔の輪郭でも合いやすい形状ではあるが特に面長顔の輪郭にオススメ。

レンズの大きさが面長顔の輪郭とつりあいがとれる為

フォックス

形状の特徴

名の通りきつね目のような形状から名付けられています。

目尻にかけて上がっていくフォルムはがエレガントやセクシーな印象を与えます。

似合う顔の輪郭

丸顔や三角顔の輪郭にオススメ。

鋭い形状が、顔の印象をシャープにみせる。

ボストン


形状の特徴

フレーム上下の幅を広めでやさしく知的な印象を与える。

似合う顔の輪郭

面長顔や四角顔の輪郭にオススメ

やさしい印象を与えます。

シャープな印象になり過ぎたくない人にオススメ。

ティアドロップ

形状の特徴

こちらも名の通り涙の滴を表現したところから名付けられている。

元々はパイロット用に作られた形状。

今や定番のフォルムでワイルドな印象を与える。

似合う顔の輪郭

面長顔の輪郭にオススメ。

レンズの大きさが面長顔の輪郭とつりあいがとれる為

オーバル

形状の特徴

卵を2つ並べたような形状が特徴。

似合う顔の輪郭

四角顔の輪郭にオススメ。

楕円形の形状が、四角顔の印象を中和してくれる。

老若男女問わず使用でき優しいや自然な印象を与える。

ラウンド

形状の特徴

丸形のフレームが特徴。

知的なイメージをあたえてくれる。

似合う顔の輪郭

オーバルの形状と同様四角顔の輪郭にオススメ楕円形の形状が、四角顔の印象を中和してくれる。

サーモント

形状の特徴

フレームの上部が太い眉のような形状をしているのが特徴。

個性的でクラシカルな印象を与える。

似合う顔の輪郭

丸顔の輪郭にオススメ。

個性ある形状がサングラスの存在感をしっかり主張してくれる。

レンズのカラー選びも重要

f:id:PRBOOK:20200813132124j:plain

忘れてはならないのがレンズのカラーだレンズのカラーについても相手に与える印象やレンズ本来の機能にも着目し選択するように心がけたい。

グレー系

クールでスタイリッシュな印象を与えてくれるグレー系。眩しさを和らげる防眩効果が最も高く、色調が大きく変わらないオールラウンドなカラー。

ブルー系

クールでシャープな印象を与えてくれるブルー系。黄色や赤色系の光を抑えるので、電灯の下での色順応がスムーズで目が疲れにくいのが特徴。車のヘッドライトを和らげる効果もあり、サイクリングにもおすすめ。

ブラウン系

ちらつきの原因となる青色系の光を抑え、コントラストを強調。遠景がくっきりと見え芝色が際立つので、ゴルフや日中の運転に最適。肌馴染みも良く、コーディネートしやすいカラー。

グリーン系
すべての光を平均的に抑え、自然な色調を保つことができます。自然な視界を保つとともに、安らぎを与えてくれるリラックス効果も。

まとめ

このように自分の顔の輪郭と他人に持たれているイメージを理解した上でサングラスを選ぶことやサングラスを掛けることでどのようなイメージを他人に持たせてギャップでくすぐるのか戦略的に選択する必要があるので是非参考にして欲しい。